地震についてTOP > 地震とは

地震とは

東日本大震災から2年以上が過ぎました。
震災からの復興はできているとは言い難く、大地震によるダメージというものを痛感いたします。

しかし、人間は忘れっぽいもので震災から2年過ぎると 何か見聞きした時は思い出しても常に考えるようなことは ないのではないでしょうか。

そもそも地震とはどのように起きるのでしょうか?
私たちが住んでいる所の地下には岩盤があります。
岩盤は固いですが圧力などのストレスがかかると亀裂が生じて上下左右に動くことがあります。
これが断層です。地震は断層がずれる事によって生じます。

テレビのニュースなどで現在ある断層の危険度などを語られます。
しかし、断層が無くても新たに発生することがあるのです。
なので、地震が起きにくいところはありますが 絶対に起きないという所は地球上にはありません。

そうは言っても、過去に地震が起こり断層がある場合は、 岩盤ががもろくなっていますので、断層がない所に比べて 格段に地震は起きやすくなります。